転職サイトを見るといつも看護師さんのものが多数あることが気になります。

目次

転職サイトや求人サイトには結構ナースの募集が複数あるのが衝撃的です。

人材募集のサイトを覗くとわりと看護師の求人がたくさんあるが目につきます。そしてまた、看護師さんというのは待遇面では意外と一般的な他の職種に比べて、給料面が優れていることには驚愕です。でも、これは当たり前と言われれば当たり前で言ってみれば、人の命に携わる重要な役割だからだと思います。でも本当の所は、ナースの転職問題が取りざたされる実情もあります。このような転職については看護師の業務内容が問題だとする人もいて、毎日くたくたなのだろうと容易に想像できます。

私は看護師の仕事をしていますが、以前、家の近くの大学病院のナースと…

私の仕事はナースです。過去に、近所の病院の手術室で働いてたときのなるほど、と感じた話です。外科の医師が言ってました。「外科に勤務しているドクターにとって、外来はまるでNHKで、逆にオペ中は民法のテレビのようなものだ」だと。わかりやすく言えば外来勤務の時は患者さんの前でかしこまった医師として、それぞれの患者さんに病気に関して述べていくのですが、手術室に入れば麻酔のかかっている患者さんの対応になるので、その時はまるで自分が主役を張るステージ上のスターのようだと。ごもっともです、、オペが始まるとすぐにふるまい方が違ってくる医者が結構います。

医者の専門に外科、脳神経外科、眼科などがあります。しかし…

ドクターの専門分野に外科・脳神経外科・眼科といったものが存在します。しかし、医者だけではなく看護師の方も実際の所専門の科を指すまた、その分野で活躍する認定看護師という名称のナースが存在します。このことについては知っている人が少ないというのが現状です。また、簡単に取得できるものではなくナース経験が5年以上の看護師(5年の中の3年は審査を受ける分野での実務)が6か月におよぶ勉強をしてその後認定看護師の試験をし、やっと認定看護師としての資格を取得できるのです。認定分野は21分野で【集中ケア・救急看護・皮膚排泄ケア・がん化学療法ケア・緩和ケア・がん性疼痛看護・糖尿病看護・感染管理・訪問看護・不妊症看護・新生児集中ケア・透析看護・摂食嚥下障害看護・小児救急看護・慢性心不全看護・脳卒中リハビリテーション看護・がん放射線療法看護・手術看護・慢性呼吸器疾患看護】など、たくさんの専門分野があります。

外来や入院の際に看護師で1~2年目の看護師が採血または点滴をす・・

外来や入院のときに看護師の中で新入りの看護師が採血や点滴を行うと大方痛い目に合います。男性に比べて血管のわかりにくい女性ならそのような経験をした人もたくさんいると思います。患者さんが痛い思いをしないように働き始めたばかりの看護師がそういった処置をする場合は他と比べるとやりやすい採血の尾翼針(通称とんぼ)を使うべきだと思います。日々経験を積み5年目にもなれば、この処置が一度で採血出来ることも多いです。ところが、腕の中に入れた注射針で血管の場所をサーチするときも。中でも最強なのは年配ナース、まるで朝飯前といった感じであっという間に採血終了。血管の捜索すらなく、本当にあっという間だし無痛。いかにもベテランのテクニックです。

看護師という職業は、「職場の同僚とか後輩、上司との人間関…

看護師さんの仕事は、「職場の後輩、同僚、上司との人間関係」「患者関係のコミュニケーション」「医療と看護に対する振る舞い」それに、「患者さんに周りの補助」といったあらゆることを完璧に行わなければいけないので、接してもらう患者としても「看護師の仕事は色々あって忙しいな…ヘビーなんだな」なんて感じます。さらにたぶん家事や育児など、家族の事情も各自あると思います。あんなに激務なのに、それを毎日こなすナースの方々は夜しっかりと休めているかなと人様のことですが、案じたりもします。

看護師または准看護師の資格保有者の数を比べたところおよそ40年前まではほぼ同等でした。

准看護師と看護師の資格保有者の数を比べてみると40年前で考えるとほぼ一致していました。けれども、段々、看護師の資格取得者の人数が増加して、近年では准看護師よりも看護師の数の人がたくさんいます。新しい大学や大学院がどんどん建てられて、そして、医療もますます進み看護する立場の人間においてもそれまでより、ますます高水準な知識が必要とされているからです。准看護師をしていて看護師の資格を取る比率もどんどん増えてきました。金銭面で進学がかなわないのなら勤務先である病院が奨学金のサポートをしてくださるところも多いです。また、その費用においては資格取得してから一定期間そこで働けば返す必要がなくなるところもあります。このような進学したい人にとってはありがたい背景もあって自然と進学率が伸びるという結果になっています。

ステップアップしたい、普段とは違う事をしてみたいと身に染みることがあります。

キャリアアップしてみたい、普段とは違う体験したことない事にチャレンジしてみたいと火がつく時があります。そのような場合は、転職する、のも解決方法です。転職するのは気が乗らない、という方は単発的なバイトなどで新しい世界を見る方法もありです。もしも、友達や知り合いを通じて直接雇用してもらえるのなら構いません。だけど、派遣会社によるバイトであれば派遣法を守る必要があります。派遣法から外れないやり方が存在します。1つに雇用の不安定さの問題もあり、単発バイトの場合世帯の年収が500万円越えでないといけません。だけど、すべての職種に関して当てはまるわけではなく、例外的に認められている職種もいくつかあります。でも残念ながら、公務員だとアルバイトはできないので要注意です。

私は夜勤明けの早朝の閑散とした病棟の雰囲気がが清々しくて好きなんです。

夜勤をした後の早朝の静かで落ち着いた病院内がすがすがしかったです。仕事の真っ最中である真夜中は暗闇なので見えてはいけない物が見えるのではないかと少しでも考えればものすごく震えが襲ってくるのですが、朝になれば夜勤の達成感と、明るい朝の陽気で気分がすっきりすることができるんです。でも、患者さんに異変のない夜勤に限られますが。早朝の5時頃が勝負なんです。この5時にどれ程たくさんクリアできるかによって、それより後の時間にてんてこ舞いにならずに無理なくやり遂げれるかということが、かかっていました。

病気またはケガで病院にかかったことがあると思います。

病気・ケガで病院にかかったことがあると思います。病気やケガに関わらず入院をした場合なんかは医者よりも看護師さんとの関りが特に増えます。病院を訪ねた時、看護師さんの印象とは目が合えば優しい顔つきで、そのうえ親身に接してくれる、という看護師さんが多いです。しかし、実は、病院や医院に勤務している看護師さんの様子というのは、いつも患者さんを支え患者の対応を長時間しているのが看護師さんで、時には患者の体調がすぐれない時や、患者さんが他界するのを目にすることもあったり、いつも笑顔で接してれる看護師ですが心がいたむこともあります。

アメリカにおいて看護師は看護のプロフェッショナルとして、…

アメリカにおいて看護師は看護の道のプロとして、すべてではありませんが医者から直接言いつけられなくても医療に関する行為を許されている分野というのがあるそうです。それとは逆で日本だと、ナースはドクターの助手と感じている方も多いのではないでしょうか。確かにドクターの指示がないと動けないとか、職場で一番偉いのは医師で、ナースは指示を受けるのみというところもあります。そうはいっても、ナースの職務内容は診療の補助、そして病気の人への看護。医者が、患者の生活のヘルプをしていますか。こういった具合に多職種の医療従事者たちで病棟がうまくいくのです。

ナースとして病院に勤務しています。

日々看護師として勤務しています。そんな私の希望はやっぱり、たくさんいらっしゃる病気の患者さんたちに調子を取り戻して今まで通りの生活を送ってもらいたいという思いです。医学の素晴らしい発展とともに様々な病気に有効な薬なども開発され、それに伴い長生きできるようになりました。とは言うものの、死なないわけではなく、生きている以上死んでしまうのです。そこに至るまでを僅かな時間であっても長く、また、できるだけ苦しい思いをすることなく生活できるように私達ナースはお手伝いが果たされることを心底願っています。病気に悩んでいる患者さんたちは膨大にいらっしゃるわけですが、そのような人たちに寄り添いこの先もしっかり、看護師業に邁進したいと私は、思っています。そして、今現在は看護師になることができて、良かったと思っています。

私が人生で初めて入院した時のことなんですが、入院した時に看護して下さったナースの方々…

私が一番最初に入院した時の話しなんですが、入院することになった時の看護師さんたちは、いわゆる白衣ではなく、「青いジャージみたいな半袖の作業着」を着ていたんです。そのようないで立ちですから、白衣とセットのナースキャップ自体を被っている看護師さんもいませんでした。看護師の象徴ともいえる白衣を着用していないなんて想像すらしたことがなかったのでナースにうかがったら、「スカートも本当は用意されているけど、スカートは動きの邪魔になるから大抵の人はパンツタイプを選ぶの。」とお話ししてくれました。看護師さんは体が資本のお仕事ですから、話しをしてくれた看護師さんの言葉に納得です。動きやすくて機能性のある、働きやすい制服が最適ですね。

知っている人などにナースであるというと、大抵いつも看護師であれ…

周囲などに私が看護師だと教えると、毎回のように看護師であれば医療に関することについてあらゆる事が頭に入っていると間違った考えを持たれます。ですので、私が看護師だと知っている人からはよく病気に関する事を問われます。当然ですが、看護師というのは看護学校で、一通りどの分野も勉強します。でも、何か起きた時にどう処置したらいいか、もしくはどういう薬かなど聞かれても、実際のところ、調べなければわからないこともそこそこあります。子供ならではの病魔であれば、小児科で働いていないとどうしようもないのです。でも、やっぱり友人から助言を求められるとどうにかしたくなります。そのうえ、勉強すると自分の為にもなるし、そういう意味でも良いです。

医者と看護師の入籍の話は多いと思います。

医者と看護師が夫婦になる話はよく聞く話ではあります。しかしながら入籍したその大多数は病院で勤務する前の医学部時代に看護学部の女の子と付き合っていたのが多いです。そもそも大学時代に知り合って最終的に入籍するわけなのです。だから、医者になってからドクターとナースが入籍するというのはまれです。それにもし、付き合い始めたとしても、既婚者だったり、もしくは自分以外の看護師と付き合っているなど複雑なのが結構見られます。働き始めてから、となると案外よくあるのは看護師と理学療法士・作業療法士のご縁ですね。

透析を行っている看護師に関してですが、透析における看護師の業務内容・・

透析の仕事をしているナースの話ですが、透析室で看護師が行う仕事、というのは穿刺をメインに、事務、薬剤を管理するなども行っています。そして、主として医師や臨床工学技士、介護士、介護助手などで作られている場合が多いです。透析を行うには、シャントという血管へ針を入れるのですが、シャントの血管は一般の人の血管と比較すると大きいため、それに比例して針のサイズも大きく(16G、15Gなど)透析を受けられる患者さんによっては嫌な思いをする患者さんも少なくありません。1日おきに会うので失敗すると信頼を失ってしまいナースにおける意識や意欲もなくしてしまう事態も多いのです。

私は看護師の仕事をしています。

私はナースとして働いています。妊娠がわかってからも仕事を続けていました。妊娠の初めの頃、つらいつわりに耐えながら仕事をしなくてはならない大変な頃もありました。人それぞれあらゆる種類のつわりがあり、そして、1人目と2人目の違いでもつわりは同じではありません。私のときだと妊娠していない時には好まない柑橘系の炭酸を、仕事の合間に再三口に入れることによって胃の気持ち悪さを軽減することができたのです。仲の良い看護師は空腹感を感じるとおこる食べづわりがひどく、なんと職場の制服のポケットに常に入れている食料を、合間合間に食べながらしんどいつわりを克服しました。体に支障がある時こそ、勤務先の人たちの援助が欲しいのです。妊娠を周りに言う時期は人それぞれです。でも、相談できる関係者には先に教えておく方がよろしいでしょう。

看護師として仕事をしているのですが、とにかく看護師というのは、価値のあるお仕事です。

ナースとして病院勤務しているのですが、張り合いがあります。当然ながら厳しい仕事だけれども、患者さんに信頼されているんだという認識ができる特殊なものなのです。また、こんなに、病気になった方たちを身近に手助けできる職業もなかなかないですよね。とはいっても、何度も言うようにそれに比べてやっぱり月給が満足いくものではないのです。でも、お給料のこと以上に看護師は天職だと改めて思うことも多々あります。ですので、やっていて本当に良い職業だと思います。

ナースを志しているが試験に受かりそうにない、または多くの学校が全日制なので…

ナースを夢見ているが試験に受かる自信もない、及びだいたいが全日制になっているので学費のことで学校に通うのが困難であるという方に勧めたい事があります。いきなり看護師課程ではなくまずは、准看護師を目標にしてみてはどうでしょうか。ただ、看護師になるための学校と比較するとここ数年の間に学校そのものは下降気味ではありますし、通学の面で不便さもあるかもしれません。だけれども、大きなメリットとして仕事をしながら通えます。当然、学費の面で問題のない人は学業のみ励むことも可能です。そして准看護師から夢である看護師のコースへと向かうことができるのです。看護学校に進学するよりはかかりますが、かかる年数は合わせて大学に比べて1年長いくらいとなります。

看護師や准看護師のテストはこれまでは、4つの中から正しい答えを選ぶ方法でした。

看護師及び准看護師の資格取得試験はこれまでは、4つの中から正しい答えを選ぶ方法でした。なので、正解することもありました。それから、試験を控えた人がするであろう過去問や模擬試験などでは本番の国家試験と同じ系統の問題や類似したような問題なんかが問われていたので、問題を理解していなくても番号だけを記憶していただけでも正解できることもありました。ところが、最近の資格試験ではこれまでとは違い必修問題が多くなったり、おまけに、画像の選択問題があったり、というように段々と実践的になってきました。素晴らしい医学の発展と一緒に、自ずと欠かせない知識も広がってきているということを痛感しました。

色々な職業を見てみても看護師さんは別の職業と見比べて…

あらゆる職業がありますが看護師さんは他の職業と比較しても、いわゆる超専門職であり、だからかお給料の方においても他で働いている女性たちより高く待遇も普通より良いというのも間違いありません。でも、看護師は思い返す必要もなく当然ながら、看護師ではない方たちとは最も異なる点があります。それというのは「人命救護」という特別で重要な職種だという点なのです。そして、看護師が任されることは見るよりもしんどい業務であるのは容易に想像できます。

目次