私が昔、ナースとして入院施設のある病院で仕事をしていたと…

目次

昔私が、看護師として勤務していたころ、亡くなった方の対応や大変な入院などが重なっ・・

私が昔、ナースとして入院施設のある病院で仕事をしていたころ、死後の対応や緊急入院などがあって、非常に慌ただしい夜勤の日がありました。少しの休みもなく、当然、何かをさっと食べることさえできませんでした。それにまた多忙で時計を見る暇もなく空腹感もなかったです。朝食を配り、申し送りが始まろうとした際、胃が急激に痛み始めました。そのことを上司のナースに意見を求めたら、血糖値を測るよう助言を受けて、見てみると、60代くらいだったのです。普段接している患者さんより私の血糖値が低いことにショックを受けました。

私はナースです。かつて勤務していた病棟で感心させられた出来事がありました。

私はナースとして働いています。私が以前勤務していた病棟で感心させられた出来事がありました。その病院にはものすごく美人さんで、髪型やメイクもいつも完璧な看護師がいました。髪の毛が長い彼女は当然仕事中は、髪を結びます。しかし、とある日、いつものゴムがなくなったのです。一緒に働いている人たちは、私も含めてショートやボブヘアのナースしかおらず、ヘアゴムを持ち歩いている人もいませんでした。するといきなり、「だとしたら、、」と言い、マスクについている紐の部分をさっと引き裂いて髪の毛を一つにまとめたのです。クールな彼女が何となくすごくカッコ良く見えました。

病院で、看護師が医師を相手に敬語なしでしゃべってい…

病院で、看護師が医師に向かってため語で話しかけていて、それとは正反対に医者が丁寧な言葉を使って話している、といったことがありました。もしかするとその病院で長く働いているベテランナースともなると、その医者が研修医のころから知り合いなのでしょう。たくさんの方が看護師より医者のほうが偉いといった印象を持っているかもしれませんが、やはり経験の浅い医者よりベテランナースのほうが色々こなしている。一種の百戦錬磨です。なので、治療においてしくじった際にはベテラン看護師が研修医にレクチャーしたりしています。そして、そのような感じのナースは大抵の場合、特に口を出した研修医が階級が上の医者に成長した際に「昔はミスが多くて、不器用だったのよ」なんて周りにしゃべっています。

ナースにおいての看護研究についてです。

ナースにおいての看護研究に関する話です。そもそも看護研究とは、ナースが自分で研究テーマを決め、それについて研究・調査することを言うのですが、この看護研究に熱心な病院、とりたてて言うと総合病院などにおいては絶対条件のスキルなのです。この看護研究の中身は主にヒアリングを行ったり、それから、衛生やマニュアルなどを厳守しているかなどの調査がほとんどです。ごくたまに看護師の特色である看護ケアが課題の取り組みもあります。さらにまれな研究では業務とか指導に関する事や新人ナースの指導のやり方に関連する調査も見受けられます。

ナースの資格を活用する職種は少なくはありません。

看護師として培ったスキルを発揮させる職業は実に多く存在します。治験コーディネーターといわれる仕事もあります。昨今、ドラマで見たことある人もいたりしてだんだんと知名度を上げています。ですが、同じ医療業界に携わっていても本当のところわからないことも少なくないのではないでしょうか。クリニカルリサーチコーディネーターの頭文字をとってCRCとも呼ばれるこの仕事は、治験や臨床研究がうまくこなせるよう、関係各所との調整を行うのがお仕事です。そのような業務内容からこの職業は、患者さんや医師と接してきた経験、そして女性社会を必死に生きてきた人に接する技を持っている看護師にはまさに適している職業であると思います。

看護師の仕事は、いつ・どこで・どのような緊急事態が起・・

ナースの職業というものは、急に予期しない事が起こる場合もあり得る、といった緊張状態の中で働いています。そのうえ、仕事そのものも不規則な上に座ってする仕事でもありません。その辺を考えれば結構疲れるのでしょう。それもあってかこの頃、医療の現場に欠かせない看護師が職場を去ることが目立ち、社会問題として目を惹いています。このことは病院側からしたら大変で、患者にとっても困ったことです。そういったことから近頃では、看護婦という呼び方をやめて看護師にする傾向になり、病院では男性看護師も多く雇用されるようになったのでしょう。

看護師として働いている私が今だに記憶に残る他の仕事で…

看護師として働いている私が数年たった現在でも心に残る他の職種であればあり得ないだろうなという働き始めた頃聞いた言葉なんですが、説明会が行われたとき、看護師の部長から、「これから看護師として勤務するにあたって、用心してほしいこと。医療業界で働いていたら慣れから排泄に関する内容をごく普通に食事中にしてしまいます。これをしょうがない事だと見なさないでもらいたい。」という話題が出たことです。実際に仕事が始まってみると、病院内では食事中でも「今日その患者さんうんちまだです」なんてあの話の内容の通り、当たり前に話しています。そのため、病棟外では、ご飯の時にお通じの事を口にしないように常日頃から、気を配っています。

ナースになるには学校において医療の知識だけでなくベッドメイキングに関するこ・・

ナースは学校で医療の知識だけでなくベッドメイクに関することも習うようです。このようなシーツのことなどに関しては看護や医療のお仕事ではないしおそらくリネンの方たちが来られるのでは…という風に考えていました。 ところが、なんとナースがまず学校で身に付けなくてはいけないスキルの1つのようです。看護師になるため看護学校に通学している知人が手際よくベッドを綺麗に整える姿を披露してくれてびっくりしました。「入院生活を送っている患者さんが美しいベッドで気持ちよく生活できるように」ということも看護師が気にかけなければならないことなのです。

病棟で勤務している看護師の実情です。

病棟内で働くナースの話です。病棟で働いている看護師は普通日勤に加え、夜の勤務が絶対にあります。勤務体制は普通、夕方から朝の8時頃まで続きその日の日勤のナースと変わる感じで予定を組んでいます。しかし人数がいない際は最悪、夜間勤務が終わっても昼近くまで働くこともあります。たいていの病院は夜勤明けの日については再び夜間勤務かお休みになります。けれど、人手が足りない昨今では、続けてこのような状況になる例もあるので、思っているよりハードな仕事であることは間違いないです。

看護師として入院施設のある病院で勤務しています。

看護師として勤務しています。病院という場所は、病気・ケガを連想させどちらかと言うと、暗いイメージでしょう。けれども、病院に勤務していても笑うようなこともたまにあります。そういった場面は、割合的にシニア世代の入院されている患者さんによく見られます。割と歳が多い入院患者さんは病院での生活も慣れた様子の方が多いです。なので、まれに私たちナースよりしっかりしていて、そういう患者さんたちに催促されて仕事をするようなこともあるのです。というのは、薬を服用する時間になっているのに患者さんがお薬が来ていないと察すると、躊躇なくナースコールが押されます。したがって、私たちより患者さんの方が正確だな、そして私達の方がしっかりしないとな、と反省します。

日本中から同じ系列の病院スタッフたちが集合し別の病院の話を聞くチャンスがあ・・

地方から同じ系列の病院スタッフが出そろって別の病院の話を聞くチャンスがあったのですが、その際、聞いた話です。観光地の近くの病院では、冬場にスキー・スノボとかで骨折などの怪我をして入院を余儀なくされる患者さんが相当多いようなんです。また、日本人だけでなく外国の方も多いとかで毎年、冬の間は通訳を置いておくほど。英語だけであればまだ良いですが、最近は色々な国からやってくる外国人が増加しているようで全然言葉が伝わらないから手を用いたコミュニケーションでの看護もあるみたいです。この話を聞いて看護師も世界をまたぐのだなと思いました。

看護師という職業は一般的に「病院に勤めていてシフト制…

ナースという職種は普通「病院が勤め先でシフトを組んで勤め、職業柄、病院が用意した住まいに居住していて、更には、病院に何かあったら即座に向かわないといけない仕事」と思いがちです。ですが、看護師の資格を活かせる仕事は意外とあって、その中には「訪問看護師」という、病院勤めではないナースも存在します。「看護師」「医事課」「医師」の3人以上の態勢で車で一緒にあらかじめ依頼のあった家や施設に足を運び、理由があって病院に来れない患者さんを内診をして移動するという働き方のようです。

救急車で運ばれてくる患者さんというのは毎日のようにいます。

救急車で搬送されてくる重篤な患者さんは少なくはないです。毎日救急搬送されてくる患者さんの処置をしていたとしても、救急車の対応は多くがバタバタします。でも、少人数ですが誰が見ても明らかに緊急でもないのにどういうつもりか、救急車を再々呼んでしまう患者さんもいます。搬送されてくる前の救急隊の受け入れ要請の電話でいつもの名前が出たらすぐにそこらじゅうの看護師が『またあの人』。とはいえ、取り合わないのもいけないから応じるのですが、毎回、病院に着いても患者さん自体は先生にやかましく言われ、そのうえ、お迎えの親族はお詫びを言って連れて帰るというのがお決まりのパターンとなっています。

ナースの試験を受けて合格する人は83%~97%ほどです。

ナースの合格率は83%~97%程度であるとされています。この数値はかなり高いと言えるわけですが、実際にはそれぞれの試験で少し差異はあります。その理由は、看護師の資格試験においては試験ごとに合格ラインが設定されその年、全体的に出来が良い試験であれば合格不合格のラインというのが高くなる仕組みだからなのです。つまり、成績優秀な試験者がたくさんいれば試験に合格できる基準も上がるということです。けれども、その年の難易度や基準について言えば実際に試験が終わって初めてわかることです。なので、仮に、模試などで合格しないと判定が下っても、当日の全体の点数によって状況は変わります。資格試験は、たった1、2点によって合否が決まります。なので、試験に挑むのなら正解率を上げることばかりに気を奪われるよりも、確実な答えを身につけていただきたいです。

ナースの転職についてですが世間によく知られている通り…

ナースの転職の状況ですが世間によく知られている通りナースは全国的に慢性的な人材不足の状況です。そのため、地域によってはナースの募集がなんと、300以上もあるケースもあります。さらに国立県立病院のように公務員系の病院も看護師以外の職種の公務員と比較すると断然雇われやすい傾向にあります。それゆえ私の顔見知りの人たちの中ではスキルアップを目指す方、とりわけ若い方は新卒でクリニックで経験を積んで退職後、公務員系の病院に就職する、というようなやり方なんかが多い傾向にあります。

看護師として病院に勤務する私たちにとって肝に銘じておかなければならないことの1つ…

病院の中でナースとして働く以上は大切なことの1つに挙げられるのが、やはり、病院内の看護師とは別の仕事をしている方との団結です。立派な病院であれば余計に、ドクターはもちろん、看護助手や各種検査技師、医療事務やクラーク、検体やカルテやストレッチャー等の荷物を運ぶメッセンジャーの方々、それに薬剤師、ソーシャルワーカーなどの多種多様な医療関係者と助け合わなければなりません。バタバタしている職場です。しかし、自らすすんで明るく挨拶をするように心掛けて、常に明るい方ってやはり好印象です。だから、私も率先して挨拶しています。こうしておくとテンパっている時に手伝ってもらった経験がありました。言うまでもありませんが、挨拶ってすごく大切なんだと感じます。

ナースの場合、病院で様々な病気の人の対応をしているので・・

看護師というのは、様々な病人の対応をしているので、少々の自分の健康状態の変わり方をもしかしたら病気にでもなったのではないか、とすごく考えてしまうことがあります。何人かの患者さんで、症状や痛みがあるにも関わらず長期間放置して、結果として手遅れになったのを現実に目の前で見ているからますます感じます。私が昔、看護師として病院にいるとき、しばらくの間右側腹部がずっと痛くて、仕事中に辛抱できなくなりました。上司に言って、調べてもらうことにしました。レントゲンとCTの結果、悪いところはなくなんとガスだまりだったのです。師長に結果を言ったところ爆笑されました。病気じゃなくてよかったですが強く残っている思い出です。

看護師になることを夢見て看護学校に入学。

看護師になることを夢見て看護学校に入学。楽しみにしていた看護実習が始まりましたが、看護学生のときは何も許されないんじゃないかと気づいています。そう思い始めてからは病棟ではとにかく自分が出ないように抑えるようになりました。今となってはまるで忍者のように病棟の壁と同化するのがうまくなりました。年上の看護師にマークされないため病院に足を踏み入れた瞬間から絶えず無になるのです。気配を消していても、指導係が調子が良くないときなどはひどい。学生への指摘があまりにも多すぎてその分を調節するのに、なんと2時間かかる事なんてザラなんです。その間に午前の報告の時間になってるので実際のところどうしようもありません。

私は、日々ナースとして仕事をしているのですが、看護師としてたまらない気持ちになるのは、…

私は、ナースとして入院設備のある病院で働いていますが、看護師として働いていて胸が痛くなることは、当然ですが入院していた患者さんがお亡くなりになった時です。特に長い間入院している患者さんの場合は看護師たちも日毎看護のためとはいえ話しもします。そんな風に、お世話していた患者が永眠された時は、より悲しみの気持ちがこみ上げます。ですが、長期間ナースをしていれば患者さんがお亡くなりになっても、看護師でない時に比べれば看護師として働き出したばかりのころに比べれば段々と乗り越えられるようになってきましたが、先にも述べた患者には当然強い絆があるからすごく苦しいです。その中でも子供であったらさらに辛くなってしまいます。しかしながら、ナースにとってはそのようなことは現実的には簡単には言えません。

看護師における就業場所はやっぱり、結構な人数が大きな病院勤務です。

ナースにおける就業場所というのは事業所勤務の中の大半は総合病院であるとされています。別で考えると診療所やクリニックがあげられます。看護師などの就職先と聞くと上記に挙げたような病院勤務だと思いがちです。ところが、それらだけではありません。昨今伸びてきている老人ホーム。この老人ホームも看護師が活躍できる場なのです。老人ホームの中にもジャンルがあり、国や市と関係ない個人で営むお高めの利用料がかかる老人ホーム、そして厚生労働省管轄の老人保健施設などがあるのです。また、訪問看護のお仕事の場合は、病院に来るのが困難な利用者のお宅へ出向き様々な看護を提供します。看護師の別の仕事内容にはナースとして健診センターで仕事をする人もいます。ナースが活躍できる場は多岐に渡っています。

目次