看護師として働きだしてから早いもので何年か経ちます。

目次

私が看護師として働き始めてから早いもので数年になります。

私が看護師として勤務しだしてから早いもので数年になります。看護師というのは、仕事面・収入面のことが理由で退職してしまう看護師も多い仕事でもあります。正直、私の場合も今までに再三にわたって看護師の仕事そのものを辞め、転職については考えました。それは結局先程も出ましたが仕事内容と比べると賃金が安すぎるのです。ですが、働く時間が同じである一般の会社などで勤務している人と比較すると額面だけのことを考えると高くもらっているとは思うのですが、私の考えとしては、それは分かっていてもあの仕事の大変さでこの額では働き甲斐がありません。とはいいながらも、やっぱり私には他の仕事が出来ないので働けるうちは退職をするのはやめておこうという風に思っています。

看護師として仕事をしていると苦しいことは、少なくはありません。

人の命に係わる看護師として勤めていれば苦しいことは、起こります。なんといっても、看護師の仕事というのは、人間に関わるお仕事です。ですから、予定外、もしくは、考えてもいない事態が当たり前のように起こります。つい先ほどまでは落ち着いていたのに突然、病状が変わるようなことは珍しくないのです。しかし、最も悩むのはもちろん不意に、入院されている患者さんが永眠されたケースです。そんな時、処置に誤りはなかったかと心底不安になるのです。誓って、ミスが許される職業ではありませんから、毎日気を張って患者さんと向き合っていますので業務を行ううえで間違いは無いのですが、そうはいっても私達も人間である以上パーフェクトにはいかないのです。

思い起こせば国家試験に関しては私の場合、それほど切羽詰まってやった…

思い返してみると国家試験の勉強はさほど死にものぐるいでやったような覚えはないです。わたしがやった試験対策は過去の試験問題をひたすら解いて、ミスがあったところに関してはそれぞれの選択肢についてミスした理由を考え、なぜこれが正解なのかーといった感じで単純に問題に対する答えを暗記するのではなくてしっかり復習していくといった作業を継続しました。その結果その問題だけでなく応用力が付いて、それに関連する問題もこなすことができるし、今まで習ったことを始めからおさらいするなんて、とてつもなく膨大な勉強をしなくても合格できたので支障ありません。

私は小児科の看護師なんですが、小児科勤務だと、子供に注射をすることが…

私は小児科の看護師の仕事をしていますが、小児科で働いていると、小さな子供に対して点滴や注射で針を刺すことが多いです。注射をしたくないと大暴れする場合も本当に多いです。そんな中、小さな子供に対して、どうにかしてわずかな時間で滑らかに接することができるか。逃げ回る子供を見てこちらの方がくじけそうになったこともありました。そんなときはまず、まずはすぐに対処できるように準備し、それから、お母さんが目に入るとダメなので、可哀そうになりますが離れてもらい、また、唐突に行うわけではなく信頼してもらえるよう子供が喜ぶ話を持ち出したり、または、その子の気持ちがいきそうなもので目を引けば100%ではないですが、良いです。

看護師になり数年が経ちました。

看護師として働き始めてから数年が経ちました。今でも大して変わりはしませんが勤務したてのころは月に一度のお給料日が一番の楽しみでした。まだ就職する前から『自分の稼いだお金ですぐにブランド物をゲットする』のが希望でした。自分で稼いだお金は全部自分のものだから、毎月給料が入ればきまって高級品をゲットしていました。お店でいつも顔を合わせる人からはまだ若いのにすごい量を買うので、一体どれほど働いているのか聞かれた程。私だけでなく他の看護師も気軽に海外旅行に行ったりしているので、看護師というのはやっぱり稼ぎが良いんだなと感じます。

看護師や准看護師の人たちの世代については多様です。

看護師や准看護師として働かれている人の年齢層というのは幅広くばらつきがあります。おまけに、どの年代でも仕事をきっちりとこなしています。今の時代は40代と50代が多いです。20代の頃看護師として働いていて育児が理由でしばらく仕事を長期間休まれていたものの、数年後、子供に手がかからなくなり、再就職される方々です。同じ女性でも、販売員などは歳が若い人の方がたくさんいますがナースの場合は復帰も歓迎されるのです。中には、長年子育てをしてきてそして、自分が社会のために何かできないかと感じ始めその年齢から新たに心機一転看護師になる事を決めるケースもあります。

かなり前のことですが、入院中、夜寝ている時にナー…

私が入院していた際、真夜中夜勤中のナースが病棟巡回で部屋に入ってきたのですが、慣れない入院生活で気持ちが落ち着いておらず、その時に少しも物音で眠りから覚めました。普段私は朝まで熟睡するタイプで少々の物音ぐらいで起きたことはありません。だから、無意識にその看護師さんに話しかけようとしてしまいましたが、そのナースはマスクをしてても分かるほど私に向かって、笑いかけてくれて、そこで「しまった、夜なのにしゃべったらいけない。他の患者さんを起こしてしまうかもしれない」と、ようやく分かりました。そのナースが笑顔で教えてくれた心温まる配慮を心底体感したこの夜中に起きたことを今になっても度々思い浮かべます。

看護師資格を持ち、勤務したことがあっても、子供を産んでから長い期…

看護師の資格を持っていて、医療の現場で働いたことがあっても、育児で長い間現場を離れていると、看護師として復帰するのが怖いです。ナースとして現場にいる時でも、急速に医療は進んでいて、常に新しい情報を習得しておかなければなりません。医療に接していないと、医療の内容について覚えていない部分もあります。それに、勤務していない間の情報が抜けているからそういった面で怖いです。そうなったら、看護協会が催している復職のセミナーにチャレンジしていると良いです。私が顔を出した時は、採血の講習に加え、就職のことも対象になっていたので、参考になりました。同様に復帰を決断しきれない人も来ていて、同じ立場にいる方との交流することもできました。参加してよかったです。

ナースをしている人に多いといっても言い過ぎではない病気が椎間板ヘルニア。

看護師の職業病といっても偽りとは言い切れないのが椎間板ヘルニア。私自身の場合も、晴れてナースの仕事を始めてある程度過ぎたころ、徐々に腰のあたりにおかしな症状が出始めました。仕事も忙しかったので大丈夫だろうと思いちょっとの間何もしなかったのです。ですが、そのうちに足がピリピリしだし、これはまずいと、働いている病院内の整形外科で相談しました。その結果、椎間板ヘルニアと判断されました。このように、椎間板ヘルニアになるナースがすごく多いです。日々、コルセットを付けたまま、患者のケアをしているのです。

病院にも、様々な方が来られます。

病院にも、色々な人が入院しているわけですが、カツラをしている患者さんに対して、何の問題もなく立ち回っている看護師もいますが、どの方法でカツラについて情報収集をすればよいか迷います。お互いに一番楽なのは、繊細な問題でもあるので、当人から告白して欲しい、というのが正直な気持ちです。カツラの事ははっきりとは言わずにあれこれ質問を投げかけてもガンとして教えてくれない場合は、一体どうすれば正解なのか答えが見つからずずっと悩んでいます。つい先日も、手術を受けられる患者さんに、身につけているものは全て取って、と、うんざりするほど口うるさく看護師から言われていたのに、困ったことに手術室に入るまでどうしても取りたがらない人にどうしたら良いのか苦慮しました。

私が外来で働いていた頃、救急車で運ばれて来た患者さんがいました。

私が外来の担当だった際、救急車に乗車して来た患者さんに接することがありました。が、その人は何かあるような感じでもなく、加えて、検査結果も良好。患者さん本人も具体的に説明できず『何かが変なんだ』としか言えないようでした。それに加えて、検査の結果もまともだし自分の足で歩くことも平気でしたから家族と共に帰るようにしたところ、廊下の方から助けを求める声が。声の方にすぐに向かうとなんと、さっきの患者さんが倒れ込んでいました。大急ぎでストレッチャーで処置室へ運び外来看護師全員で処置。最終的には患者さんは意識も回復し一時入院はしましたが、見事家に帰れたようです。この一件から患者さんが言ってくることは全て聞き逃してはいけないと思いました。

病院での看護師という存在は患者さんと医者に挟まれて言ってみれ・・

病院での看護師さんという存在は患者さんと医者との中間的な立場にあって言ってみれば、両者を尊重しなくてはいけない立ち位置に存在しているのです。従って、患者さんは患者さんで自分が不機嫌の時なんかはナースに当たり散らしたりすることもあります。そして、ドクターの方からは必要以上な要求をされたり、時にはひどいことを言われたり、予期しないストレスを受ける時もあるのです。これについては、両側から圧力をかけられているわけで、今ではパワーハラスメントという名のついている言葉を使ったいじめなのです。このような行為を受けたら、悩みを晴らす場所も欲しいものです。

昨今では、ナースが減っているとよく報道されていますが…

現在、看護師が足りないというように話題ですが、これに関しては、看護師の職に就く人が少ないことだけではありません。本当の人手不足は、勤務先を立ち去る人も(その後にも、看護師としては働くことのない人)ある程度存在しているということもあるでしょう。勤務先を後にする根拠として、職場の雰囲気や仕事内容といったものが想像以上に激しく、結果的にナースから手を引く人もいるのです。時にはナースのクオリティが良くないと、なぜか思い込む人も存在し、また、医師とのやり取りもうまくいかなくなり仕事場を去ってしまう事例もあります。

私は看護師の仕事をしています。

私はナースとして働いています。私が以前の勤務先で肝臓疾患のために週3日静脈注射を行っている男性の患者さんがいました。その男性患者さんとの会話。その人は長年肝臓疾患のために注射をされ続けているので血管自体も弱っていて、本当に申し訳ないことに、二人続けて看護師が注射がうまくいかなかったのです。そのとき豪快な看護師が登場し、注射は一発で的中!男性患者さんは、「さすが!○○さんは、白衣の天使だね!」と言って褒めてくださったのですが、すぐさま「私は白衣の天使じゃなくて、ペテン師ですよ!」なんてベテランの彼女は面白く返事をしていました。その看護師からしたら日常の一コマでしょうが、彼女のような看護師ってなりたくてもなれないものですね。

看護師は同じ病院で働き続ける人が少ない、辞める人が多いのです。

看護師は同じ病院で仕事を続ける人の少ない、退職する人が結構います。看護師として仕事を続けるのなら正直な話、転職にも困りません。どういってみても、看護のプロですから、重要視されます。自分のことですが、対人関係が面倒になって、看護師以外の別の職種にしようと、一度、ハローワークに向かいました。事務は立ち仕事ではないし、看護師のようなピリピリした職場環境でもなく勤務先の人付き合いも割と良いはずだと思って、事務の仕事を見つけようと思いました。でも、話をした方からは事務の場合は必須条件としてPCの操作が条件だし、さらに、収入に関しても今よりだいぶん下がると言われました。看護師は専門的で引く手あまたのお仕事ですが、いざ職種を変えようとしても、生活していくうえで給料の事を思うと別の仕事には乗り換えることができないのが現実なのです。

ナースの男女の出会いについてです。

ナースにおける男女関係についてです。看護師の場合狭まったところで勤務していますから残念なことに異性に出会うことはほとんどないです。20代前半の頃だったら紹介によって出会いを求める人もたくさんいますが、ナースの多くは同じ職場で相手を見つけ結婚に至るケースが多数です。そのほかだと、思いのほか最終的に患者さんと結婚するナースも多いです。つまり、病院以外での出会いが珍しいと断言できるのではないでしょうか。でも、同じ医療関係者同士だと仕事の事に関しては共に分かっているのでプライベートな部分で助け合って家庭も円満な夫婦が多いです。

これまでと比較し看護師も学歴社会となりました。

昔と比較すると看護師も学歴社会となりました。メディアで取り上げられるほど人材不足と叫ばれている中、状況とは相反しています。ですが、今までと比較し高度な看護技術や知識が求められれるため大学まで行かないと就職するのが困難になってきました。国的にはそういった背景もあり、国の考えとしては業務に制限のある准看護師に関しては廃止に向けて動いているはずです。ではどういう理由で未だに養成所があるのか?その動機としては准看護師の場合、高くない給料で雇用することができるためです。小さな開業医とか、身に付けていなければならないスキルがそこまで高度ではない場所であれば、准看護師でも十分で、医師が言う通りに仕事をすればいいのです。おまけに、資格を取る時も正看護師よりあらゆる面で楽なのです。こういう理由があって、養成所は減りましたが、准看護師がなくなる予見は極めてまれだと考えます。

私が看護師になって間もないとき記録を付ける課題が大変でした。

私が看護師1年目の頃記録を付ける課題がいつも大変でした。当然看護実習のときも記録は付けていましたが、学生の時と比較して、違う情報量と求められる内容の難しさに私は戸惑いました。また、課題の内容についてだけでなくようやく出来たと思っても再提出を求められる次第。ときにタイムリミットまでも残りわずかで、自分一人の力だけでは手に負えなくなって、朝に仕事が終わった先輩看護師の家に出向き記録を一緒になって考えてもらったことがあります。しかしながらさっきまで働いていた先輩。眠たくて当然です。ほどなくして眠ってしまって最終的には1人でやるはめになりました…。

私は看護師です。私たちナースにとって注射を行う技術、というのは…

私はナースの仕事をしていますが、ナースになれば穿刺テクニックはナースでいる限り重大なことでそしてまた、永遠のテーマだと感じます。多くのナースがやってきた穿刺技術が向上する練習方法は数多くの病院が行う偽物の腕を使った最もポピュラーな練習かと思います。確かにそれでも効果はあるはずですが、しょせんは似せて作ったものですからやはり人間の血管とはかなり針を刺す雰囲気が違います。私が昔したことがあって推奨できる方法としてはミカンの皮を練習に使うやり方です。みかんの皮に存在するぶつぶつに対して針をきっちりと刺す訓練を繰り返せばおのずと刺すべきところに成功するようになるのです。

患者さんがナースと接する時間は、滅多に病院の中で過ごしたことが・・

ナースと接する時間は、それほど受診で病院内で時が経つことがない、あまりお世話になったことのないという人にはおそらく、珍しいことになると思います。そんなわけで、そこでの経験、というものが、その人その人のナース像を決定づけるものになりやすいのです。現役で働いている看護師さんの看護師になりたいと思ったきっかけが自分の入院生活中、素敵な看護師さんの姿に憧れて、という方もいるぐらいです。看護師と過ごした良い時間、その逆にナースとの間に起きた伝達の不具合だってあります。その2つともその人にはその後も看護師というものはこういうものとなってしまうため、看護にあたる側は、肝に銘じておかなければなりません。

目次