求人サイトに目を通していたらいつでも看護師さんの・・

目次

転職サイトを見かけた時にいつもナースのものが多いのに気が付きます。

転職サイトや求人サイトに目を通すといつでも看護師さんの募集が多いのに気が付きます。それから、看護師というのは待遇関係は別の職種と比べると、給料が高いのには驚愕です。けど、このことはわかるような気もします。謂わば、看護師というのは人の命に係わる、医療には欠かせないなくてはならない役目だからだと思います。そんな中真実は、看護師の転職問題が取りざたされる実情もあります。このような転職については根幹にあるのが、ナース自体の仕事の中身でもあり、おそらく、その疲れがたまっているのだろうと容易に想像できます。

私は看護師です。現在勤務している病院の前に家の近くの病院のナースとし・・

私は看護師の仕事をしています。今仕事をしている病院の前に近所の大きな病院の手術室で仕事をしていた頃のことです。同じ病院の外科の医師の発言です。「外科の医師たちにとっては、外来対応はまじめなNHKの感じで、手術室はまるで民放テレビみたいなもの」と。すなわち外来では患者さんを前にして医者として熱心に、患者さんの症状を詳しくお話しするのに対して、オペ室に入れば麻酔のかかっている患者さんを前に、その時は自分がスポットライトを当てられるショーを行っているみたいだと。本当にその通りです、、突然素振りの変化する医者が圧倒的です!

ドクターが従事するものに内科や外科、泌尿器科、産婦人科など…

医師が従事するものに脳神経外科・耳鼻咽喉科・外科といったものが存在します。けれども、ドクターだけではなく医療従事者として働くナースに関しても何を隠そう単に看護師というだけじゃなく1つの科に限定したまた、その分野で活躍する認定看護師という名称の資格があるのです。この事実に関してはよく認知されていないのが実際のところです。看護師としての経験が5年を過ぎているナース(中でも3年間は認定看護の分野で実務経験)が半年におよぶ勉強をして認定看護師をとるための審査をパスし、晴れて認定看護師としての資格を取得できます。認定看護師の分野は【救急看護・皮膚排泄ケア・集中ケア・がん化学療法ケア・がん性疼痛看護・緩和ケア・感染管理・訪問看護・糖尿病看護・新生児集中ケア・透析看護・不妊症看護・摂食嚥下障害看護・小児救急看護・慢性心不全看護・脳卒中リハビリテーション看護・手術看護・がん放射線療法看護・慢性呼吸器疾患看護】があります。

外来でナースでも若いナースが採血もしくは点滴を行う・・

病院で看護師の中でも新人看護師が採血・点滴をすると必ず痛い目に合います。男の人に比べて血管のわかりづらい女性だとそういった痛い思いをした人も多いと思いのではないでしょうか。なので患者が痛い思いをしないで済むように働き始めたばかりのナースがそういった処置をするときは割と簡単に採決ができる尾翼針(通称とんぼ)が有効的だと思います。年数が経ち5年くらい経験した看護師になれば、この処置が一度で採血出来ることも多いです。とはいっても、腕に注射針を刺した後に血管を見つけ出そうと針を動かすこともあります。採血してほしい看護師は年配ナースです。朝飯前といった感じで手慣れた様子で勢いよく採血。血管を探すことないし、スピーディーだしおまけに、痛くもない。さすがベテランナースといえます。

看護師さんの仕事は、「職場の上司・同僚・後輩との人間関係」…

看護師は、「職場の上司、同僚、また、後輩との人間関係」「患者さんとご家族との付き合い」「医療行為や看護」そしてまた、「患者さんに周りの補助」とあらゆることを完璧にしないといけないので、患者目線から見ても「看護師ってやることが多すぎてほんと、多忙だな…ここまで忙しいとは思ってなかったな」なんて驚きます。これだけでなく殆どの看護師さんが家事や育児など、生活や家庭での苦労もそれぞれあると思います。あんなにヘビーな仕事なのに、それを日々こなしている看護師さんたちは充分な睡眠がとれているのかと人様のことですが、時々、不安に思うこともあります。

看護師及び准看護師の資格がある人の数は約40年前で考えるとほぼ一致していました。

看護師、准看護師の資格を持っている人の人数を比較してみたところおよそ40年前まではほとんど同等でした。しかし、段々、看護師の資格取得者の人数が増し、今となっては看護師の人数は准看護師の人数を多いです。新しい大学や大学院の増加、そのうえ、医療も発展し看護する立場の人間においても昔より、もっと高い学力が必要とされているからです。准看護師から看護師になる割合も増えています。経済的に困難でどうしても進学がかなわないのなら勤め先である病院が奨学金のサポートをしてくださるところもあります。また、その費用においては資格取得後、一定期間そこで働けばお金を返さなくてもよいところもあります。こういった背景から進学率が増えるという動機につながっているわけです。

仕事において、自分のスキルを上げたい、これまでとは違う事をしてみた…

仕事において、自分のスキルを上げたい、これまでとは違った体験したことない事にチャレンジしてみたいと、ふと感じることもあります。そんな時には、思い切って転職する、という手段もあります。また、転職するのは気が乗らない、という場合は短期バイトなどでお試しするのもいいと思います。その場合、もしも、友人の紹介でダイレクトに使ってもらえるのであれば特に問題ありません。しかし、直接雇用ではなく、派遣会社から紹介されたバイトの際は派遣法に抵触しないようにする必要があります。派遣法に反しないルールがあります。その1つとして雇用の不安定さの問題もあり、世帯の年収が500万円以上ないといけません。けれども、すべての業種において当てはまるわけではなく、例外的に認められている職種もあります。ですが残念ながら、公務員の場合バイトは駄目なので気を付けてください。

私は夜勤が終わった時の朝の静かな感じの病棟が清々しくてお気に入りでした。

夜勤明けの朝方の落ち着いた病棟が清々しくて好きです。仕事をしている夜になると薄暗い中、見えてはいけない物が見えるのではないかと少しでも考えたらすごく不気味です。ですが、朝方になれば夜勤をやりきった感じと、心地いい朝の日差しで最高に爽快な気分なんです。とはいえ、何もなかった勤務の時に限定されますが。まだ寝ている患者さんが多い5時あたりが決め手。この5時台にいくら仕事を頑張れるかによって、残りの勤務終了までのバタバタをゆとりを持って対応できるかということが、変わってきます。

病気やケガで病院を訪れたことがあると思います。

病気やケガで病院にかかったことがあると思います。入院をした場合なんかはドクターよりも看護師との関りが増えます。患者側から見ると、看護師の一般的な見方としては目が合えばいつでも笑顔だし、それに加えて温かく接してくれる、というような印象です。だけど、実情は、病院や医院に勤めている看護師の姿というのは、常に患者さんのそばにいて最も患者の対応を長時間しているのが看護師さんで、現実的には患者に異変が起きた時や、患者さんが他界するのを目にすることもあったり、いつも笑顔でいてくれる看護師ですが心がいたむこともあるのです。

アメリカの看護師というのは看護の専門家として、ドクターからの発信がなくても…

アメリカではナースというのは看護という学問のスペシャリストなので、すべてではありませんがドクターからの発信がなくても医療に関する行為をしても良いとされている分野というのが存在します。それとは逆で日本では、ナースは医者の補助と考えられている場合も結構見受けられます。実際、ドクターの指図のもとで行動しなければならないとか、病院内においてナンバーワンは医師で、自分の考えを述べるのは駄目だという感じがあるところも。だけれども、ナースの業務内容というのは診察の補佐、それに病人への補助。ドクターが、患者を車いすに移乗できますか。このように日本では医療に携わる色んな人がいるので病棟がうまくいくのです。

私は、看護師として勤務しています。

私は、ナースとして病院勤務しています。看護師としての私の志すところは、たくさんの病気の患者さんたちに病気を治して今まで通りの生活を送ってもらいたいということです。医学の素晴らしい進歩とともに様々な病気に有効な薬なども開発されて、そして私たちも長生きできる時代になりました。ですが、人間は全員死が訪れるわけです。が、そこに至るまでを僅かな時間であっても長く、そして、楽しく生きて頂くようナースは援助が果たされることを、日々心から熱望しています。現在も辛い思いをしている方たちはたくさんいますが、そのような方たちのためにこの先も熱心に、業務をこなしていきたいという風に感じています。激務ではあるけれど、今はナースとして勤務することができて、本当に嬉しく思っています。

私が一番最初に入院して担当してくださった看護師さんは…

私が初めて入院した時の話しなんですが、入院して担当してくださった看護師さんは、昔ながらのスカートになっている白衣ではなく、一見ジャージみたいな格好を着ていました。そんないで立ちですから、頭にナースキャップ自体もありませんでした。看護師の象徴ともいえるナース服を着用していないなんて衝撃的で1人の看護師さんに聞くと、「スカートも本当はあるんだけど、動いやすくないから好んではスカートをチョイスしないわね」と言う風に言われました。看護師さんというはテキパキ行動するいわば、体を使った職業なので、看護師さんのお話にも納得できました。おそらく動きやすくて機能性のある、仕事に従事しやすい服のほうが良いと感じました。

周囲などに自分はナースであると知らせると、毎回ナースだと…

周りに看護師であるというと、大抵の場合看護師だったら医療のことなら知識が半端ないと勘違いされます。だから、私が看護師だと知っている周りからは度々健康相談をされます。当然ですが、看護師の資格を取るため学校で、一通り医療分野の教育は受けます。だけど、症状の対処法、また薬の効能などを問われたところで、知らない事も多いのです。小児科特有の疾患などは、小児科の経験がないと難しいです。だけど、やはり知人から相談をもちかけられると私も力を貸したくなります。そして、学習すれば自分も役立つし、そういう意味でも有り難いです。

ドクターとナースがゴールインする話は結構よくする話だと思います。

医師と看護師が夫婦になるという話はみなさん聞いたことがあると思います。だけどめでたく夫婦となったそのほとんどが病院で勤務する前の一緒の大学に通っている頃に交流を深めていったわけです。つまりは大学生の時からの交際からの流れで結婚するわけなのです。ですから、ドクターとして働き始めて夫婦になるというのはあまり聞きません。合わせて仮に、交際までいったとしても、医者の方は独身ではなかったり、または別の看護師と交際をしていたり複雑なのが大多数を占めます。実際に勤務してから、の場合だと結構見かけるのが看護師と理学療法士もしくは作業療法士のご縁ですね。

透析施設で勤務している看護師の話ですが、透析での看護師が行う仕…

透析施設で勤めている看護師に関してですが、透析室で看護師が行う事、というのは穿刺をメインに、事務作業や薬に関する業務などです。そして、主にドクター、臨床工学技士、介護士、介護助手などで行われていることが一般的です。透析のときは、シャントという血管へ針を刺すわけですが、シャント血管は普通の血管よりも大きいので、針もビックで(15G、16Gなど)患者さんにとってはやはり苦しさを知らせてくる患者さんもいらっしゃいます。1日おきに会うので失敗すると看護師として頼りにされなくなり看護師としての自尊心や熱意が失われる状況に陥ることも少なくありません。

私はナースです。妊娠がわかってからも仕事をしていました。

私はナースとして働いています。妊娠がわかってからも仕事をしていました。妊娠の初めの頃、つらいつわりに耐えながら勤務しているものすごく大変なスパンもありました。人それぞれあらゆる種類のつわりがあり、妊娠毎によってもつわりも色々です。私の場合だと、通常では飲まなかった柑橘系の炭酸の飲み物を、仕事中に再三胃に入れることでつわりからくる気分の悪さをごまかすことができました。仲の良い看護師は空腹感を感じるとおこる食べづわりに悩み、白衣のポケットに食べ物をいつも忍ばせ、仕事の間に口に入れながらつらいつわりの時期を乗り切ってました。いつも通りにいかない時でこそ、同僚の協力が不可欠です。妊娠の事をいつ知らせるかは迷うところですが、心許せるスタッフには事前にお伝えしておいたほうが最善です。

日々ナースとして勤務しているのですが、なにより張り合いがあります。

日々ナースとして勤務しています。なんといってもこの仕事は張り合いのある仕事です。当然ハードですが、人命救護に携わっているんだという実感のわくまれに見る職種だと思っています。それに、やっぱりこれほどまでに、病気で困っている方を身近にバックアップできる職種も珍しいと思いますから。ただ、うるさく言いますが仕事内容に対してやっぱり月給が満足いくものではないのです。だけど、金銭面が気にならないくらい看護師の仕事をしていて幸せだなあ、と心底、思えることもたくさんあるので、やっていて大変働き甲斐を感じられます。

看護師に憧れているが入学試験に受かる自信もない、もしくは学校が全日制となっている…

看護師を志しているが試験に受かる自信もない、または全日制の学校に通わなければならないため費用のことで通うのが困難であるという方に良い案があります。いきなり看護師ではなく准看護師コースを目指してみるのはどうでしょう。ただ、看護師の専門学校と比較すると学校は下降気味ではあります。そのため、通学の面で不便さもあるかもしれません。けれども、大きなメリットとして仕事をしながら通うことができます。もちろん、勉学だけに全力で取り組んでもいいでしょう。あとから准看護師から夢である看護師の進学コースにレベルアップすることができるのです。看護学校に進学するよりはかかりますが、要するのは合計で大学に1年延長したくらいとなります。

看護師・准看護師の試験形式は今までは、4者択一でした。

看護師・准看護師の試験の方法はこれまでは、4つの中から正しい答えを選ぶ方法でした。ですから、消去法などで答えが当たることもありました。それにまた、試験を控えた方がするであろう模擬テストとかでは国家試験と同じ問題や少ししか違わないような問いなんかが出題されていたので、中身を理解していなくても番号のみそのまま記憶していただけで正しい答えを得ることができたことさえありました。だけど、昨今の資格試験においてはこれまでとは違い必修問題が多くなったり、そして、正しい画像を選択する問題が出されたり、というように段々と実用的な問題にかわってきています。素晴らしい医学の発展と一緒に欠かせない知識も広がってきているということを認識しました。

色んな職業を見てみてもナースは普通の職業と比べて、医療の知識が必要な専門職に分類さ・・

色んな職業を見てみてもナースの仕事というのは他の仕事と比較しても、いわゆる専門職に分類され、それゆえにかは分かりませんが金銭面においても他で働いている女性たちより多額で待遇が良いというのも間違いないでしょう。だけど、ナースははっきりとしていて一般的なことですが、他の職種とは一番違う点があります。「人の命を預かる」という極めて特殊で重要な職種だという部分です。そのうえ、看護師さんがしなければいけないことは思っている以上に大変な労働や勤務というのは少し考えれば悟る事ができます。

目次