医療技術の発展とともに日本というのは世界でも上位の長寿の国となっています。

目次

医療技術の発展とともに日本というのは世界でもトップクラ…

医療の発展とともに日本は世界でも上位の長寿の国となりました。高齢化社会と言われる中で年齢とともに、病気で入院する人がたくさんいます。その反対に、ナースがギリギリの状態だとこのところ、社会的な問題として恐れられています。それが原因か他業種に比べ再就職サイトとか転職サイトもよく目にします。けれども多数の看護師は看護師の国家資格を誇りに、毎日汗水たらして看護師の業務をこなしているのです。看護師さんは看護の専門的な仕事及び知識を役立てる場所として医療の場で患者さんと向き合っています。けれども、それに加え、業務ではない場面に関しても必要となることがよく起きるでしょうし、それゆえ病気に無縁の人でも全く関係がないわけではない職業といえます。

それなの?と思うかもしれませんが、意外とナースの間で話題になるのが・・

え、そこなの?と思われるかもしれませんが、結構ナースの間で話題になるのが、勤務先ごとに個人用ロッカーに収納できる量が一緒ではないということです。職場で提供される仕事中に着る服の数は約3~5くらい。あるいはそれまで使用していた白衣を準備しておくように指示されることがよくある光景です。ロッカー内には白衣の他に替えのストッキングとナースシューズ、人によっては歯ブラシなどと言ったものも持っています。細くて縦に長いロッカーや、コインロッカーのような小さいサイズでは、本当に悩みます。考えられないのが冬!上着がしまえなくてこれから勤務、というのにイライラしてしまいます。出勤早々テンションが下がるので、そこそこのサイズのロッカーは、最低限準備してほしいものです。

昔私が、ナースとして入院施設のある病院で働いていたと…

私が、ナースとして勤務しているとき、12月31日から1月1日にかかる夜勤は私には大喜びの就業でした。お正月ともなると、家に帰る患者さんもたくさんいて、普段より夜勤の時にいる患者は減るのです。仕事の量が減ることのほかに、そしてお給料の面では年末年始の手当てがつき、あわせて、夜勤の手当てがプラスされます。なので、給料の明細を手にするのが本当に嬉しかったです。お金が欲しい人の中には12月末から年始にかけて夜勤を何度かして、普段の給料より10万円プラスで貰っている看護師もいました。

看護師として働くのがきつい、などのことで別の仕事への転職することを考える看護師もそこそこいます。

看護師を辞めたい、という風なことで別の仕事への転職することを考える看護師さんもそこそこいます。このケースだと、職種自体が変わるため転職するのに時間がかかることよくあります。けれども、そうではなく、今勤務している病院が合わない、及び、もっとスキルを身に付けたい、という場合の転職においては、仕事内容が同じなので、一般的には取り分けて手を焼くことはないはずです。なので、仕事を変える時は、とりあえず応募するのではなく少なくともこれから働きたい病院の口コミなどを良く調べ、それから応募するべきです。また、転職を志願している事を伝える時に最も大事にしたいことは、自身の今までの看護技能や専門キャリアー、それと能力など、応募理由をシッカリと言うことは肝心なことです。それと、面接で話を聞いてもらう時には、自信を持ち相手に良く思われるように注意しましょう。

看護師になるには看護学校に進学後、資格を取得する必要があります。

看護師になりたいなら看護学校に進学後、資格を取得する必要がありますが、看護師の国家資格の受験というのは毎年1度限り、2月に予定されています。試験会場はすべての受験者が行きやすい場所にあるわけではなく、近くにない時は遠くまで出ていくケースもあるのです。また、テストは朝から休憩をはさみ午後までほとんど1日かけて行います。試験が行われる2月はインフルエンザの時でもあるのです。勉強も大切ですが、テスト時期の対策としてきっちりと良い体調を維持することが試験合格の可能性を上げるといっても言い過ぎではないのです。学習したことをしっかりと頭に押し込んでも、一年に一回しかない受験日に万が一にでも体の調子が良くなかったら、積み重ねてきた努力が水の泡になる可能性もあります。

私が昔、看護師として働いていたとき、上司が6月と10月は入院に至る患者さ・・

看護師として仕事をしているころ、同僚が6月と10月になると最も入院する患者が少なくなるなると教えてくれました。6月は田植えの時期で、また、10月になると稲刈りがあるため、それらと重なる期間はなぜだか入院する患者が減少するらしいです。私がその当時の勤務先が、田舎で、米作りをしている人が多い場所で、場所の問題もあったのでしょう。聞いていた通り、稲刈りが終わった頃になると、徐々に病棟が満床になり、看護師である私たちもてんてこ舞いになり、なるほど、こういうことだったのかと感じました。

ナースが採血・予防接種などのために注射を行う作業・・

看護師が採血や予防接種などのために注射器を使うことは、ナースの仕事です。この際、「ものすごく上手で痛みがない!刺された感じが全然しなかった」また、それとは反対に「刺す瞬間だけでなく、注射針が刺さっている途中もその後も当分痛みが続く」など、注射をした後に思ったことはありませんか?同じ作業をしていてもびっくりするほど上手にする看護師さんもいれば、嫌な顔をされるくらい下手な看護師もいて、いろいろです。しかしながら上手い人も下手な看護師も手を抜いたりせずに、精一杯業務に就いていることは間違いありませんから、注射体験を度重ね、ぜひ、挑み続けてほしいです。

病院というのはどこの病院を受診しても、看護師がいます。

どの病院だろうが、看護師がいます。また、入院ともなると治療を行ってくれる先生より看護師と過ごす時間のほうが多いです。私の考える看護師さんというのはどんな時も冷静に患者を救うといった志を持った清楚な白衣の姿ということで本当に感心できる職業です。いつでも、一心不乱に働いている看護師ですが、それまでの道のりは到底一筋縄ではいかなかったでしょう。学生の頃には人体に関する様々な基礎部分の勉強に励み、それプラス看護実習やレポートがあったりと、覚えなければならないことも幅広くてんてこ舞いですし、就職してからも勉強は続きますし、たまには悲しい思いをすることもあるようです。

医療の現場には、医療に従事する医者または看護師以…

医療の現場であっても、医者・看護師といった医療関係者以外にも勤務している方がいます。そんな中、ドクターを除いてナースに関しては同じ病院内でも、例えば、多分受付や事務で勤務されている人よりは良い給料をもらっているはずです。加えて転職に関しても割と簡単に出来る職種だと思います。でも、業務の事を考えれば、何が何でも給料が足りないと思います。極端に言うと、患者さんの命に携わる職業であるため、非常に、プレッシャーが半端ないのです。ナースなんだからこのくらいしてくれて当然だろう、看護師としているのにこの程度もしないのか、といった感じの無言の圧力があります。それは患者さんに限った話ではなく、患者さんのご家族、おまけに同じフィールド側の病院で働いている人、組織的レベルにおいても追い込まれているような辛さを感じたりする時もあります。

入院患者の受け入れをしていない、または小さな個人の病院を除いて、大き…

入院患者の受け入れがない、または個人院を除くと、大きな病院はいつも開いている。平日、休日に関係なく何時でも、どのような状態の患者でも対応できるように、病院内で働いている人たちが昼も夜も関係なく勤務しているのです。どの職員が勤務しても確実に対応ができるように申し送りも大切な仕事のうちです。欠かさずに毎日行うこの申し送りというのは、病状の落ち着かない特別な患者それから、伝達事項などを次の時間帯の勤務者に、漏れのないように言い渡すことです。内容は違っていますが、申し送りは職員に限らず看護学生においてもあります。上の者から下の者へと。伝達事項は、指導してくれる人の人格、また親身になってくれるナースについて、恐ろしいナースはどの人か。詳しい職員情報も申し送りされています。

看護師である私が働いている病院は新しく来た人に対する教育に…

看護師である私が働く職場は新しく入ってきた人への教育にずいぶんと熱を吹かせている病院なんです。私自身が新人だった時、指導係は四六時中一緒。それほどでもないのに異常に持ち上げてきました。看護実習の時はとにかく長い事お叱りを受ける日々で、睡魔と戦う日々…加えて落ち込む毎日でした。けど職に就けば今のほうがまだ良かったと思えるほどさらに大変だろうと想像していたから『この職場で本当によかった!』と心から幸せな気分になりました。けれどもそんな日々も束の間、何か月か経った頃にはこれまでと違い先輩のべた褒めも消え去り、実習の時に戻ったようにみっちり説教を食らう日がほとんどでした。

色々な理由から、退職したい、と一度でも感じたことのあ・・

色んな理由から他の病院で働きたい、と考えたことがあるナースであれば、職探しのため、転職に関するサイトを閲覧することもあるかと思います。ただ、転職サイトによっては、気になる求人情報は会員登録をしなければ事細かに見られない仕組みになっていたりもします。けれども、登録は避けた方がいいサイトもあるから配慮しなければなりません。当然ですが、サイトの方も真剣です。そのため、メールに限らず、電話も平気でかけてきます。登録の際に転職の時期を登録する際、「考えている」を選んだのに、サイトの営業から、ぴったりの求人があります!と連絡がきます。鬱陶しいのでサイトの会社の番号を拒否しましたが、今度は営業の携帯電話から電話してくることもあります。この点はメールにおいても同様です。このようなことでは反対に応募者が減るのではないか、と感じますが、押されると断れないナースも多少なりともいるのでしょうか。

昔、手術を受けるために入院したことがあるのですが、その際、手術が終わった…

手術をするため、入院したことがあります。手術した後にしばらくは、寝たきりになるだろうとあらかじめ想像して、入院生活に必要な衣類などの荷物をそれぞれ小さなジッパーに分けてそれから、誰が見てもわかるようにジッパーごとに「靴下」「下着」「肌着」「タオル」「お風呂セット」などと項目ごとに記載し、部屋にある戸棚へしまい込んでいました。すると術後これに気づいた看護師さんに「模範生だわ!」と言われました。こんな小さなことですごく褒めてもらえるなんて、看護師さんはいつも入院患者さんの思い通りに物を取るという患者さんとの交流を手こずっているのだろうな…と感じました。

診療所で働く看護師に関する話です。

診療所で業務に就いている看護師に関する話です。個人院または入院施設のない診療所で働くと普通残業することなく帰宅できます。そして、打ち解けた感じの環境で勤務することが見込まれます。ですから、子育て世代、ドタバタしたナースにはなりたくないという看護師たちには評判が良いです。もしも、そういった状況に置かれているならクリニック勤務にした方がいいです。だけれども、大きな病院と比較すると手取りの額においてはどうしても夜勤もなく残業もないので減る可能性もあります。ですが、ほぼ毎日定時で帰れると考えたら気にならないほどの給与は受け取れると思います。

現在、看護師や准看護師として勤務していて職場を変えたいと思ってはいるものの…

看護師、准看護師として働いていて別の場所で働きたいと考えているけど激務で、転職先を探す確保できないという方が結構いますが、そんな忙しい方に朗報です。それは、看護師の募集情報をアップしているサイトなんですが、こういった看護師の転職情報のサイトはネット環境さえあれば横になりながらスマホなどで検索して転職への一歩を踏み出すことが可能な、時間も場所も選ばない実用的なサイトなのです。けれども、掲載されている求人などに良い求人がなくて投げ出してしまいそうです。ですが、全部が全部載っているわけではありませんので、急募の場合であると直接連絡をもらえます。登録に関しては代金はいりません。ですから、気楽な気持ちで登録するだけでもメリットがあるはずですよ。

常に人員募集している印象のある職種が看護師の仕事ですが・・

常に求人募集しているのが看護の分野です。看護師を辞める人が多いかどうかというと、わかると思いますが大変なお仕事ですから精神的、もしくは体力的に耐えきれずに辞めたいと申し出る人が実際、少なくないです。看護師は全体的に女性ばかりなので、婚約したり出産したりといった要因もあります。退職する理由、については個人個人で色んな理由があります。しかし、大方の辞職のわけはシンプルに大変な職務が大きいと思われます。さらに、大方の勤務先は夜勤をしなければなりません。ですから、それも退職を考える要因の1つだと思われます。仮眠時間はあるにはありますが、夜勤によって疲れがたまって大変だという方も実際のところ結構いますから。

看護師として日々働く中で悩んだこともあります。

ナースである私が働く中でやはり悩むことも何度もあります。そのわけは日々間近で接する患者からして、最も良い治療や看護がこなせているのかということです。私自身はナースです。なので、医療行為はご存知の通り、主治医が指示をします。それは理解しているのですが、実は私は本来医師になりたかったこともあり、おそらく、そのことがあってか、ついついいらないことまで思いをめぐらせてしまい苦悩する場面がよくあります。このことによって良くなることもあれば、その逆にまずい事態を引き起こすこともあるので普段から用心しています。

父がドクターとして活躍していたので、私は幼稚園の頃…

父親が医師として活躍していたので、小学生の時から父親のような医者として働きたいと努力していました。ですが、ふとした時にある人と出会って心に響くことがありました。物心ついた時からの父親のような医者になりたいという想いから一変してナースになりたいと考え方が変わったのです。看護資格を取って、今は看護師として勤務しています。看護師として勤務しだしてからというもの、年がら年中想像以上にハードですが一生懸命頑張っているところです。患者の事を考えるのはドクターのみではありません。ナースにおいても一緒です。

昨今、殆どの人が知るパワハラ、セクハラということが問題となっていて…

昨今、世の中に広く知られているパワハラやセクハラが増加傾向にあると社会的な問題になりニュースなどでも取り扱っています。このことを上司と部下の間に起こるものだというようなイメージが強いと思います。ですが、医者や看護師におけるパワハラを取り上げると、患者側が行うパワハラであるいわゆる言葉の暴力に傷つく看護師や医師も多いともいわれ、こういった患者さんにはうまく接しないと悪化して、時間の経過とともに心が折れて、最終的にやむを得ず職場を後にする事例があるのも事実です。どんな患者さんも受け入れなければならない医療従事者の為にも、様々な組織が力を合わせ最善のやり方を見つけてほしいです。

看護師の転職の際に留意すべきことについてです。

看護師さんの転職に留意すべきことについてです。今の世の中では人手不足の問題もあってか看護師だと他の職業とは対照的に転職すること自体は意外にも困難ではありません。けれども一般的ではない科(皮膚科・眼科・透析病院など)で長年働いていると、幅広いスキルを備えていないため新しいところですぐには力を発揮できないといったことが多いです。そのため専門の病院で看護師として職務をしていた人は同等の病院へと転職する場面がほとんどです。ナースがすることの中で取り立てて柔軟性のある行動をとることが出来るのは病棟内で仕事をしたことがあるナースです。クリニックを除く入院施設のある病院は必ずと言っていいほど外来に加え病棟とダブルでしてきているのでどの病院でもすぐに仕事ができるためです。

目次