医療の発展とともに日本は世界でも上位の長寿国となりました。

目次

医療が高度になり日本は世界レベルで見てもトップクラス・・

医療技術の発展とともに日本というのは世界でも上位の長寿の国となっています。また、高齢化社会と言われている中で年齢を重ねるにつれ、病気で入院を余儀なくされる方がたくさんいるのも事実です。その逆に、ナースが足りないと近頃、心配されていますが、そういったわけか再就職サイトとか転職サイトもたくさんあります。でも大多数の看護師さん達は看護師の国家資格の免許を持ったかたが、無我夢中で看護師として勤務しています。看護師さんは今まで勉強してきた事を活かす所として病院や医院で業務をこなしています。しかし、そればかりではなく、仕事以外に関しても使える事がよく起きるでしょうし、それゆえ健常者にとっても意味のある職業になります。

それ?と思われるかもしれませんが、ナースが案外困るのが…

え、そこなの?と思われるかもしれませんが、案外看護師の悩みとして挙げられるのが、働くところによってそれぞれ個人用ロッカーの容量がまちまちであるという点です。勤務先で最初に用意してもらえる仕事着の数は約3~5ほど。もしくはそれまで使っていた白衣を持参するように言われることが殆どなのですが、白衣に加え、替えのストッキングやナースシューズ靴下、防寒用のカーディガンいつも用意しています。横の幅が極端に短いロッカーであったり、まるでコインロッカーのようなロッカーだと、すごく嫌になります。あり得ないのが冬!ごっつい上着があるとこれから勤務、というのにちょっとしたストレスです。出勤早々テンションが下がるので、小さくないロッカーは、必需品なのです。

私が昔、看護師として病院勤務しているとき、大みそかからお正月にかけての夜勤…

私が、ナースとして仕事をしていたとき、年をまたいでする夜勤というのは喜ばしい勤めだったんです。入院されている患者さんも年末年始は、一時退院する人が増加し、普段より入院患者が一気に減るのです。仕事が楽になることのほかに、そして給料面では正月手当ももらえ、それプラス、夜勤手当がつきます。ですので、翌月の給料明細が出る日が待ち遠しかったです。お金が欲しい人の中には年末年始に夜勤を2、3回して、いつもの給料より10万円アップで稼いでいる看護師もいました。

看護師として働くのがきつい、と言ったことで別の仕事への転職を考える看護師さんも結構います。

看護の仕事がきつい、などの理由などで転職を考える看護師さんも結構います。こういった場合、職種自体が変わりますから仕事を見つけるのに時間がかかることもよくあります。けれども、そうではなく、単に今働いている病院を辞めたい、もしくは、看護スキルを身に付けたい、というような転職に関しては、職種が変わりませんから、現実的には別段難しいということはないでしょう。そのため、もしも勤務先を変えたいと思ったら、とりあえず応募するのはやめて最低でも新しく職場になる所の得られる限りの内部情報を周りに聞いてから初めの電話はかけましょう。また、求職の際に大事にしたいことは、自分自身のこれまでに身に付けた業務、それに看護スキルなどに加えて、その職場を望んだ理由もきちんと伝えることはとても重大です。また、面接で話を聞いてもらう時には、自信を持って良い印象を残せるように表情などにも気を付ける事も覚えておきましょう。

看護師として働くには看護学校に進学し、資格取得が必要不可欠ですが、…

看護師になりたいのなら看護学校に進学し、資格を取得しなければいけません。その看護師の国家試験は1年に1回、2月の中旬から終わり辺りで実施されます。試験が行われる場所はすべての受験者が行きやすい地域にあるわけではないので、近隣にない方は時間をかけて行かなければなりません。そして、試験は午前と午後に分かれてほとんど1日を要します。看護師試験が開催される2月はインフルエンザ患者が多くなる時期です。試験に向けて健康の管理が合格への一歩といっても嘘ではありません。試験当日までに習ったことを完璧に頭に詰め込んでも、年に一度しかない試験の日に万が一、発熱したら、全てが無駄になる可能性もあります。

私が、ナースとして働いていたとき、先輩が6月と10月になると最も入院に至る患者さん・・

昔私が、看護師として入院設備のある病院で仕事をしていたころ、師長が6月と10月になると入院する患者が減ると話していたのですが、6月は田植えがあり、10月になると稲刈りが行われるため、6月と10月についてはなぜかはわかりませんが入院する患者さんが少なくなるらしいです。私がその当時の勤務先は、お米を作っている人がたくさんいる地域で、場所の問題もあったのかもしれません。聞いていた通り、稲刈りが終わった頃になると、順番にベッドも満員になりました。てんてこ舞いになり、こういうことかと変に感心してしまいました。

看護師さんが予防接種などのために注射針を刺すこと…

ナースが採血または予防接種などのために注射針を刺す作業は、看護師さんの仕事です。注射を行う時、「上手でまったく痛くない!いつ刺されたのか分からなかった」または、「針を刺す瞬間だけでなく、刺されている時も終わってもずっと痛みに耐えないといけない」など、注射をした後に思ったことはありませんか?同じ作業をしていたとしてもスキルが高い看護師さんもいれば、患者さんから訴えられるほど注射が苦手なナースもいて、さまざまです。しかしながら上手い下手に関係なく一心不乱に患者さんに不快な思いをさせないようにしているわけですので、注射の行為を積み重ね、全力を尽くしてほしいです。

どこの病院を受診したとしても、お医者さんとセットで看護師さんがいます。

病院というのはどこの病院でも、必ず看護師さんがいます。それに、入院した時には治療を行う先生よりも看護師さんとにお世話をしてもらうほうが増えます。私の中で看護師さんというのはどんな時も一生懸命に人の命を助けるという使命を持った患者思いのイメージで何時も頭が下がります。いつだって、熱心に職務についている看護師ですが、看護師の資格を得るまでは到底平凡ではなかったと思います。学生の頃には人体の様々な根本的な内容を学習して、合わせて看護実習後のレポート提出もあり、学習内容も広範囲で辛いですし、看護師として職に就いてからも勉強は続きますし、たまには普通では考えられないような事も経験するのです。

医療の現場とは言え、医者や看護師以外にも仕事をしている方たちがいます。

医療の現場でも、医療に従事する、医師または看護師といった医療関係者以外にも働いている方がいます。そんな中、ドクターを除きナースは同じ職場でも、例えばですが、きっと受付や会計計算などの事務の方よりは給料は良いと思います。そして転職の際も恵まれている方ではないでしょうか。ところが、職務内容に対して考えれば、やはり金額が安すぎます。極端に言えば、人の命を預かっている仕事のため、非常に、プレッシャーが半端ないのです。看護師だったらこの程度のことはやってよ、看護師のくせにこれほどのことにも気が付かない、と言いたそうな周りのひとたち。これは患者さん本人に限らず、患者さんの家族、そのうえ同じフィールド側の同僚、協会レベルでも縛られているようなやりづらさを感じることさえあるのです。

入院設備のない、または個人の病院を除き、大きな病院に休暇はない。

入院患者を受け入れていない、または小さな個人院を除くと、大きな病院に休みはありません。平日、休日に関係なくとにかく24時間、誰が来ても処置できるように、様々な職員が当直や夜勤をしているのです。どの職員が勤務してもわかるように申し送りも大切な仕事の一つです。欠かさず毎日行うこの申し送りというのは、特別な患者それから、伝えておかなければならない事とかをそのあとに担当する職員に、漏れなく伝えることです。内容は異なっていますが、この申し送りというのは職員に限らず看護学生の中でも行われているのです。先輩から後輩に向けて。何を報告するのかと言えば、指導者の人柄はどんな人か、また怒らないナースはどのナースか、怖い看護師はだれか。詳しい職員情報も報告されています。

私の働いている勤務先は新人の育成に非常にムキになっている病院です。

看護師である私の働いている職場は新人の教育にずいぶんと積極的な病院なんです。私自身も勤め始めたばかりの時、先輩は常に一緒に行動していました。どんな小さなことでも大袈裟に良いように言ってくれました。実習の時は長時間こっぴどくやられていたので、毎日眠い…それに落ち込む毎日でした。とはいっても働き始めたら今のほうがましだと思うほどさらにハードだろうと考えていたため『勤務先をここにして本当によかった!』と心から喜びました。しかしながら数か月経過した頃から最初のころと違い先輩のべた褒めも消え去り、結局実習の時に戻ったように毎日のようにガミガミ言われるつらい日常でした。

様々な理由から、他の所で働きたい、と一度でも考えたことがある…

別の勤務先に行きたい、と一度でも感じたことのあるナースだったら、転職関連のサイトを閲覧することもあるでしょう。ただ、転職サイトの場合、これといった職場というのは登録を行わなければ事細かに見られなかったりするケースもあります。けれども、登録すべきではないところもあるから登録する際は気を付けなければなりません。基本的に営業の方も人材を確保しようと無我夢中です。そのため、メールはもちろん、ダイレクトに電話も平気でかけてきます。登録の際に転職希望時期を入力するのですが、「今は考えていない」としたのに、あなたにおすすめの求人です!と電話がきます。面倒になり会社の電話番号を着信拒否に登録したのですが、今度は携帯電話の方から掛けてきたりするのです。メールに関しても同じように無駄です。私からすれば、こんなことをしては嫌がられて駄目ではないか、と正直思いますが、押されると断れないナースも多いのかもしれません。

手術を受けるため、入院したことがあるのですが、その際、手術を受けた…

私は、手術をするため、入院したことがあります。術後おそらく身の回りの事が自分でできないだろうことを覚悟し、入院に必要な衣類を小さなジッパーに分けてそれから、袋別に「靴下」「下着」「肌着」「お風呂セット」「タオル」と分類別にマジックで書いておき、入院後、それぞれの部屋にある棚の中に置いておきました。そうしたところ術後この荷物を見つけた看護師に「患者の鑑!」と称賛されました。こんな小さなことですごく褒めてもらえるなんて、看護師はいつも患者さんが言った物を探すというコミュニケーションを努力しておこなっているのだろう…と考えました。

クリニックで働いている看護師に関する話です。

クリニックにおける看護師の勤務に関する話です。個人院や入院設備のない診療所の場合普通定時で退社でき残業なしの勤務です。それに加え、家庭的な環境での勤務が可能です。なので、子育て中のお母さん、また、大忙しの職場で働きたくない人とかにはすごく評判が良いです。もしも、そのような状況に置かれているならクリニックはお勧めです。ですが、大きな病院と比較するとお金においては夜勤手当や残業手当がない分おちるケースも少なくないです。しかし、ほぼ毎日定時で帰れると考えれば譲歩できるくらいの給与は入ると思います。

看護師や准看護師として勤務していて新しい職場を見つけたいと考えているけ・・

看護師・准看護師として仕事をしていて職場を変えたいと思ってはいるものの、忙しすぎて、転職をする時間的余裕がないという方が多いですが、そういった忙しい方におすすめしたいものがあります。それは、看護師の求人を載せているサイトなんです。こういった看護師を募集しているサイトはネット環境さえあれば自宅で気軽に転職活動ができる、場所も時間も選ばない誰でも使うことのできる役に立つサイトなのです。けれども、サイト内の募集事項などになかなか目が止まらなくて探すのをやめようかと考えがちです。しかし、まだサイトに載せていないものもあるから、登録さえしておけばサイトにない求人は新規に求人が出た場合は、直々に知らせてもらえます。もちろんサイトの登録はタダです。ですから、まずは登録だけでも何か役に立つはずです。

常に求人募集しているイメージのあるのが看護師の分野ですが・・

常に人員募集している仕事が看護師の仕事ですが、辞めていく人に関して言うと、ご存知の通り仕事内容がきついですので精神的、もしくは体力的に継続できずに辞める決断に至る人が現実、たくさんいらっしゃいます。特に、ナースの大多数が女性ということもあって、結婚、おめでたを期に辞めるという人もいます。退職理由、に関しては個人によって色んな理由があります。でも、大方の辞める決断に至った経緯としてはシンプルに仕事の大変さという部分がベースにあるはずです。それに加えて、夜勤もほとんどの所であるのでそれも退職を考える要因の1つだと思います。夜勤により疲労が増すという看護師も実際に圧倒的に見られますので。

看護師である私が毎日勤務していて悩みも数えきれないぐらいあります。

看護師である私が毎日仕事をしていて悩んでしまうことも数えきれないほどあります。というのは日々間近で接する患者目線で、適切といえる良い対応がしっかり実行できているのかと。私自身は看護師です。ですから、治療においては勿論、医師が患者さんを診て指示をします。それは理解しているのですが、実は私の場合だいたい医者を目指していたのでその経緯もあって、ついついいらないことまで追求して悩んでしまうことも多いです。このクセは良い時もあれば、 その逆に良からぬことが起こるケースもあるから普段から用心しています。

父親の医師の姿を見てきたので、幼稚園の頃から医師になりたい・・

父が医師をしていたので、幼稚園の頃から父のような医者として働きたいと努力していました。しかし、突然とある人に出会い気持ちが変わったのです。幼稚園の時からの医師になりたいという夢からナースとして働きたいと目標が変わりました。その後、看護資格を取得し、私は今、看護師として勤務しています。看護師として勤務しだしてからはいつもとてもてんてこ舞いですが一生懸命頑張っているところです。患者さんを支えているのは医者だけではなく、看護師もなのです。

現在、殆どの人が知るパワハラ、セクハラと呼ばれるもの・・

近年では、広く知られているパワハラ及びセクハラを受けたと話題となっていて度々ニュースなどで報道されています。このことについて上司と部下の間に起こり得るものだというイメージがあると思います。だけど、医者や看護師において検証してみると、なんと患者側が嫌なことを言う言葉の暴力につらい思いをしている医療従事者も結構多いともいわれ、こういった患者さんはうまく対処しないとさらに状況が悪くなり、日に日に心身ともに疲労が溜まり、最終的にやむを得ず退職や転職を余儀なくされたケースがあることも現実なのです。その性質からどの患者さんであっても接しなければならない医療関係者の為に、あらゆる組織が一丸となって最善のやり方を見つけてほしいです。

ナースの転職を行う際の重要事項についてですが、今の現況…

転職の時に気を付けることについてです。今の世の中では人手不足の問題もあってか看護師の場合は他の職種に比べ転職すること自体はぐっと楽になります。とはいっても一般的ではない科(皮膚科や眼科など)で長年働いていたら、その他の経験をしたことがないため転職先で対応が出来ないというような状況に陥りやすいです。その結果専門の病院で看護師として職務をしていたナースはどうしても、一緒の科に決める場合が大半です。看護師の仕事の中で最大に幅がきくのは入院施設のある病院で働いたことがある看護師です。開業医ではない入院ができる病院だと大方外来に加え病棟の2つの仕事をしているので様々な病院で実力を発揮することがきるためです。

目次